• ホーム
  • 性器ヘルペスは性器周辺に水ぶくれが出来たり、体のだるさなどの症状がみられます

性器ヘルペスは性器周辺に水ぶくれが出来たり、体のだるさなどの症状がみられます

2020年04月17日

性感染症には性器ヘルペスがあって、単純ヘルペスウイルスによって様々な症状が現れます。中でもよく起きる症状は水ぶくれがたくさんできるとか体のだるさなどの症状で、男女とも関係なくみられます。ブツブツと水ぶくれができるのは、その病変部分でウイルスが増殖しているからです。むやみに潰してしまうと増殖したウイルスが外にでてしまい、2次感染の恐れがでてきます。水ぶくれが消えて目立たなくなるまでは感染確率が高いため、性行為を控えたほうがよいでしょう。性器ヘルペスの症状が現れたら自分の体を守り周囲の人達にうつさないためにも、薬を服用し早めに増殖を抑える必要があります。

性器ヘルペスは、残念ながら一度感染してしまうと完全に体内から取り除くことができません。感染し増殖したあとウイルスは神経を通り神経節にある神経細胞の核の中に潜伏してしまうからです。単純ヘルペスウイルスは1型と2型があって、口唇ヘルペスが1型で性器ヘルペスは2型であることが多かったのですが、性行為の多様性がみられるようになった頃からこの境目がなくなりつつあります。どのウイルスに感染しているのか、検査をしてみないとわからない場合が多いでしょう。症状がでたら早めに薬で活動を抑えれば問題ありませんが、放置してしまうとリンパ節の腫れや発熱に頭痛などが起きます。体調不良が長く続いて膀胱にまでウイルスが入り込むと膀胱炎になって、排尿するときに痛みを感じるでしょう。危険なのは髄膜にまで至ったときで、髄膜炎を発症してしまう危険があります。

体に現れる症状がおさまったとしても、ウイルスが体内に潜伏しているため安心できません。免疫力が低下してきてしまうとウイルスが活性化してしまい、神経細胞の核内からでて神経節から神経を通り、皮膚表面に病変をつくり増殖をはじめてしまうからです。一度感染したことがある人は初期症状を感じ取ったときに薬を飲むようにすれば、体のだるさにつながる前に増殖を抑えることができるでしょう。初期症状としてよく現れるのは、性器周辺にヒリヒリやチクチクといった痛みです。かゆみや灼熱感をともなって起きる場合もあり、皮膚になにか刺さっているのかと疑うくらいはっきりとわかる程現れます。女性は健康であっても月経のときや妊娠中は免疫力が低下しやすいため、性器ヘルペスに注意が必要です。頻繁に再発するようであれば、医師に相談して再発防止の治療を受けましょう。